vSphere Web Client の Console で Ctrl-C や Ctrl-Z が効かない


vSphere 5.5 から vSphere Web Client が Mac OS X 上のブラウザー (Chrome, Firefox) にも対応しています (マニュアルへのリンク) 。しかし、Mac OS X 上の Chrome や Safari で仮想マシンのコンソールを操作しようとすると、Ctrl-C が効かないという Linux ゲストの場合には絶妙な障害具合でいらつかされるバグに遭遇することがあります。これは同様に HTML5 でコンソールが描画される vCloud Director の場合も同じです。

コミュニティにもスレッドがありますが、vSphere 5.5 U1 ではまだ修正されていません。コミュニティのコメントにもありますが、現時点では

Chrome、Safari を使わず、Firefox を使う。

が、回避策となります。もっとも Safari は元からサポートされていないので やむを得ないところはありますが、WebKit 上でイベントを拾い切れていないのかしら…。

今後のリリースで修正されることを願って Stay tuned…

コメントを残す