この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ VMC for Disaster Recovery の翻訳です。 翻訳の一覧はこちら

VMware Cloud on AWS のよくあるユースケースに災害対策があります。私のお客様の多くが災害対策の戦略を持っていないか、災害が起きたときのためだけに用意する普段使わない幽霊のようなデータセンターを稼働することを正当化するのに苦労しています。

VMware Cloud on AWS が提供する災害対策は、アドオン(VMware Site Recovery)として提供され、vSphere Replication と Site Recovery Manager を活用しています。

アーキテクチャー

Before application failover Before application failover

このシナリオでは、アプリケーションの障害を想定しており、データセンター全体の障害は想定していません。また、アプリケーションは内部でのみ使用されており(インターネットからのアクセスがない)、IP アドレスは障害が起きている際も変更はしないものとします。

このケースでは、2つのサイト間で NSX L2VPN でネットワークを延伸することを推奨します。ファイルオーバーの際、アプリケーションは自動的に VMC 側で再起動し、仮想マシンは L2 延伸されたネットワークで同じ IP アドレスで起動します。

Default GW stays on-prem with a L2VPN Default GW stays on-prem with a L2VPN

NSX L2VPN または HCX L2VPN で延伸されたネットワークのデフォルトゲートウェイは、オンプレミスに残ることに注意して下さい。災害が起きた際、ネットワークの延伸を意味する「拡張」から「ルーティング」にするまで、デフォルトゲートウェイはオンプレミスに残ります。

After application failover After application failover

フェイルオーバー後、ネットワークを VMC_AWS のローカルネットワークとするために延伸を解除すると、デフォルトゲートウェイが VMC_AWS 側に移動します。

ネットワークタイプ(ルーティングと拡張)については以前の記事で説明致しました。