haswell

SUPERMICRO & SOFTBANK TECHNOLOGY の Haswell ローンチセミナーでの Intel さんの講演が印象深かったのでメモ

 

昨日、下記 URL のセミナーで講演致しました。
https://www.softbanktech.jp/seminar/2014/0922-01/

EVO:RAIL に関する講演は日本で初めてだったのではないかと思います。

この SUPERMICRO 様のローンチセミナーでの INTEL 様の講演が印象深かったので、そのメモを残してみます。

「Haswell プロセッサおよび高速ストレージNVMeについて」というタイトルで、松村様 (Haswell)と幸村様 (NVMe SSD) によるセッション。

Haswell

  • 統合電圧レギュレーターを CPU に内蔵したため 15W ほど TDP が上がる
    • コア毎に周波数を変更できる。+36% の電力効率の改善。従来は、全コアの周波数を一律に変更していた。
  • 性能
    • Linpack +90% の性能向上
      • FMA (Fused Multiply-Add) を浮動小数で実行できことが性能向上に寄与。
        • 従来の AVX に対し 2 倍の性能。こちらを見ると、128bit 単位の演算が 256bit 単位になったことを持ってして 2 倍とのこと。
    • SPECjbb +200% の性能向上
      • JDK が AVX2 に対応したため
        • JDK 7u4 で AVX に対応とあるが、AVX2 対応の Release Notes は見つけられず…。聞き間違えかしら…? こちらでは +130% とあるので、要確認。
      • AVX なしの場合は +30% 程度
    • DDR4 メモリ
      • +44% の帯域幅の向上
      • 電力効率が +50% 向上
      • チャネルあたり 2 枚までなら周波数が落ちない
    • 仮想化の階層化 (Nested Hypervisor)
      • 極一部の層に強烈な支持を受けると思われる。正直、自宅ラボ保有者以外に誰得?といったレベルの機能。
      • しかし、ユーザーからの要望だそうで、複数種類のハイパーバイザーの動作、複数バージョンのハイパーバイザーを動かすために Nested Hypervisor を要望されたとのこと。
        • (個人的所感) Hypervisor ベンダーが Nested Hypervisor をサポートするかは、また別の話。ただし、Nested Hypervisor が実現すると、vSphere on AWS EC2 や Hyper-V on vSphere が実現し、vSphere Replication や Hyper-V Replication を、様々な Cloud 間で行えるようになり、ユーザーの利便性は格段に向上すると考えられる。
  • Intel の考える SDI (Software-Defined Infrastructure) の要素技術
    • Compute: E5-2600 v3 (AVX2)
    • Storage: SSD DC P3700 (NVMe)
    • Network: 10/40GbE (DPDK)

SSD DC P3700 シリーズ

  • Intel SSD の歴史は 2008 年から。
  • ラインナップは3つ
    • データセンター向け
    • プロフェッショナル向け
    • コンシューマー向け
  • SAS/SATA に対し NVMe の SSD はコントローラー処理がなくなる分 性能が良くなる
  • モデルは 3700/3600/3500 の 3 つ。基本的には耐久性 (Endurance) の違い。
  • 3700 と 3500 の耐久性に差がありすぎたので P シリーズでは 3600 を追加
  • P3700 では 10DWPD (5年間にわたり 1日に 10ドライブ書き込みが可能)
  • S シリーズの I/F は SATA、P シリーズの I/F は NVMe。
  • P シリーズは PCIe カードと 2.5inch タイプの 2 種類をラインナップ
    • 2.5inch では SFF8639 を採用。SATA、SAS、NVMe は形状互換。

注意:

今回 SUPERMICRO 様の Haswell 対応サーバーのローンチイベントだったのですが、これらは内蔵 SAS HBA が LSI 3108/3008 (SAS3) となっています。
残念ながら、2014/09/22 時点で、これら LSI Logic の SAS3 HBA は Virtual SAN ではサポートされていないので、もう少々お待ちを。
また、残念ながら、2014/09/22 時点で、NVMe のデバイスは vSphere ではサポートされていないので、もう少々お待ちを。

展望:

vmworld の IOFilter のセッションや、こちらの Micron 様の VSAN デモを見れば、誰でも考えるのは、All SSD VSAN、Dedup や Compression などを期待すると思いますが、まぁ Stay Tuned ということで。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. host client

    ESXi と Host Client のバージョンの組み合わせ
  2. nested esxi

    vSphere Home Lab 向けの CentOS 7.x NFS Serv…
  3. error

    Unable to serialize object of class in v…
  4. isilon

    VMware Tools on Isilon Virtual Nodes (un…
  5. haswell

    SUPERMICRO & SOFTBANK TECHNOLOGY の H…
PAGE TOP
Translate »