nested esxi

vSphere Home Lab 向けの CentOS 7.x NFS Server

まとめ

  • 検証環境であることから、性能を少しでも稼ぐのとズボラな設定を良しとし Firewalld や iptables は Off にする
  • CentOS の NFS Server は、/etc/sysconfig/nfs の RPCNFSDARGS を “-N4 -N4.1 -V3” とすることで NFS バージョン を 3 とする

はじめに

検証用の Nested vSphere 向けのストレージとして、最近 CentOS 7.x の NFS をセットアップしたのでその備忘録になります。

エラー

ESXi のコマンドラインでも、vSphere Client でも、Web Client からでも良いのですが、CentOS 7.x の素の NFS サーバーをマウントしようとすると、以下のようなエラーがでます。

[[email protected]:~] esxcli storage nfs add -H 192.168.120.201 -s /exports/nfs-01a -v nfs-01a
Sysinfo error on operation returned status : The NFS server does not support MOUNT version 3 over TCP. Please see the VMkernel log for detailed error information

vSphere 6.0 から NFS バージョン 4.1 がサポートされましたが、CentOS 7.x のサーバー側が NFS バージョン 4.0 を返してしまうのか上記エラーとなります。

対応

これを修正するためには CentOS の NFS サーバーの設定を変更します。具体的には /etc/sysconfig/nfs の RPCNFSDARGS パラメーターに “-N4 -N4.1 -V3” を追加します。ここでは NFS バージョン 3 のみ有効としています。

サポート製品 > マニュアル > Red Hat Enterprise Linux > 7 >移行計画ガイド > 3.7. ネットワーク設定

# Optional arguments passed to rpc.nfsd. See rpc.nfsd(8)
RPCNFSDARGS="-N4 -N4.1 -V3"

(一部抜粋)

設定を変更した後は

[[email protected] etc]# systemctl stop nfs.service
[[email protected] etc]# systemctl start nfs.service
[[email protected] etc]# systemctl status nfs.service
nfs-server.service - NFS server and services
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/nfs-server.service; enabled)
   Active: active (exited) since Mon 2015-08-31 22:14:04 JST; 5s ago
  Process: 2694 ExecStart=/usr/sbin/rpc.nfsd $RPCNFSDARGS (code=exited, status=0/SUCCESS)
  Process: 2693 ExecStartPre=/usr/sbin/exportfs -r (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 2694 (code=exited, status=0/SUCCESS)
   CGroup: /system.slice/nfs-server.service

Aug 31 22:14:03 stg-l-01a.corp.local systemd[1]: Starting NFS server and ser....
Aug 31 22:14:04 stg-l-01a.corp.local systemd[1]: Started NFS server and serv....
Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.
[[email protected] etc]# 

などとして NFS サーバーを再起動させます。この後は esxcli でも Web Client でも、お好みのクライアントで NFS データストアを追加します。

ちなみに vSphere 6.0 の NFS 4.1 は、いくつかサポートされていない機能があります。VAAI-NAS、Virtual Volumes は NFS 4.1 と組み合わせて使うことが出来ません。また、pNFS (パラレル NFS) も利用することが出来ません。
参照: vSphere ストレージ > データストアでの作業 > ネットワーク ファイル システム データストアについて > NFS プロトコルと ESXi

その他のストレージ

Home Lab 向けのストレージとしては様々なモノが、ここでは私が触ったことがあるものをご紹介します。すみません、BSD 系は使うことがなかったので紹介していないです…。

QUADstor

QUADstor

オープンソースの SCSI ターゲット。FC でも iSCSI でも使えますが、仮想マシンとしたときは iSCSI ターゲットとして使うのが良いでしょう。シンプロビジョニング、圧縮、重複排除、さらには VAAI-Block に対応しています。Web UI から直感的に設定できます。以前は CentOS 7.x に対応していませんでしたが、着実にバージョンを重ね 現在は CentOS 7.x に対応しています。そのうちコチラを Home Lab の標準のデータストアにしたいところ。

昔の記事は こちら

LIO (Linux-IO Target)

LIO

現時点の Linux カーネル標準の SCSI ターゲット。targetcli コマンドで構成します。VAAI 対応とありますが、未だに VAAI Supported な状態で接続したことがありません。

Nexenta, Napp-IT

Nexenta
Napp-IT

いずれも OpenSolaris の後継の Illumos 由来のストレージになります。NexentaStor は、OS の NexentaCore からストレージスタック および ストレージ管理ソフトウェアまでを一括してリリースしています。Napp-IT はストレージ管理ソフトウェアのみを提供し、OmniOS、OpenIndiana などにインストールして利用します。いずれも COMSTAR を利用しているので VAAI-Block に対応し、Nexenta に至っては beta ながら VAAI-NAS モジュールも 入手できます (商用ならば Release Build があるのかしら ?)。

NetApp ONTAP Simulator

Simulator (要アカウントと権限)

NetApp のパートナー企業であれば、おそらくダウンロードできます。が、Nested vSphere 上の仮想マシンの I/O 性能は、その作り上かなり遅くなるので Lab 向けではないと思います。ディスクをファイルとして実装しているので、RAID の構成次第では、1 I/O が実際には 10 I/O にも 20 I/O にもふくれあがるのでかなり速度は遅くなります。SRM で SRA との挙動を調べるたり、クローンだけを行うのであればありかと。

昔の記事は こちら

もしかなうのならば…

NetApp WAFL や Solaris の ZFS を初め、最近のストレージ ベンダーのファイルシステムは基本的に COW (Copy On Write) です。COW は VM のクローンと非常に相性が良く、NetApp、Pure Storage、XtremeIO などでは、VAAI を経由するとデータの実体ではなくメタデータのみをコピーし、非常に高速にクローンを行います。Linux の Btrfs も COW であり、さらに cp コマンドに “–reflink” を付けるとファイルコピーでも COW を適用してくれます。Btrfs のガイドでは、仮想マシンにこれを適用するのは推奨していませんが、Btrfs でフォーマットされた NFS データストア向けの VAAI-NAS Plugin などでたら検証がさらに捗るな…と妄想するのです。

関連記事

  1. console

    Remote Console でマウスが吹っ飛ぶ件の対策

    まとめ仮想マシンに Windows/Linux をインストールす…

  2. netapp

    Setting up VMware Virtual Volumes with NetApp VASA…

    はじめにvSphere 6 で追加されたストレージの新機能の一つに…

  3. netapp

    Increasing capacity of NetApp Clustered Data ONTAP…

    まとめNetApp のパートナー、あるいや、Data ONTAP…

  4. powercli

    Memorandum: True VM Cloning with vSphere PowerCLI

    前回のエントリで備忘録を残した、BIOS UUID と Disk …

  5. network

    Memorandum: List of virtual appliances

    物理アプライアンスとダウンロード可能な仮想アプライアン…

  6. storage

    ESXi における 512e ディスク フォーマットの認識方法

    ESXi でのディスク フォーマットの確認方法ESXi で物理ブロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. console

    HTML5 Console Access from Windows PC (Un…
  2. netapp

    Increasing capacity of NetApp Clustered …
  3. ipmi

    Memorandum: Virtual Media Wizard not wor…
  4. sds

    Software-Defined Storage を考える
  5. certificates

    備忘録:自己証明書の有効期限の指定方法
PAGE TOP
Translate »