vmotion

vMotion の歴史 (3) – vCenter Server 4.0 ~ 4.1

前回のエントリでは VirtualCenter 1.0 ~ 2.5 までの vMotion の歴史を機能を元に振り返りました。今回は vCenter Server 4.0 ~ 4.1 の vMotion の歴史を振り返ります。

vMotion の歴史 (1) – 概要
vMotion の歴史 (2) – VirtualCenter 1.0 ~ 2.5
vMotion の歴史 (3) – vCenter Server 4.0 ~ 4.1 <= このエントリ
vMotion の歴史 (4) – vCenter Server 5.0
vMotion の歴史 (5) – vCenter Server 5.1 ~ 5.5
vMotion の歴史 (6) – vCenter Server 6.0 ~ Technology Preview

Storage vMotion (GUI) – 4.0 – 2009

What’s New in VMware vSphere 4.0

Virtual Center 2.5 では CLI でしか実行できなかった Storage vMotion ですが、vCenter Server 4.0 から vSphere Client の GUI から実行できるようになりました。ESX/ESXi が 3.5 であっても vCenter Server が 4.0 であれば GUI から Storage vMotion を実行できるようになっています。

UI のオプションが控えめで気付きにくいですが、仮想ディスクを個別に Storage vMotion する機能があります。「詳細」ボタンをクリックすると、その機能を利用できます。画面は Web Client のものですが vSphere Client (C# Client) でも同様です。

svmotion-01

そして、以下の画面で個々の仮想マシンの移行先とフォーマットを選択します。

svmotion-02

VMDirectPath support – 4.0 – 2009

What’s New in VMware vSphere 4.0

特定のハードウェアで VMDirectPath を使用している仮想マシンを vMotion できるようになりました。…なんですが、Cisco UCS サーバーでしか使えない機能になります。VIVA Alliance。

Network vMotion – 4.0 – 2009

What’s New in VMware vSphere 4.0

Network vMotion とは、トラフィックシェーピングやセキュリティに関するポートグループの設定を vMotion で物理ホストを移動させても引き継ぐことが出来る機能です。と、書くともっともらしく聞こえますが、分散仮想スイッチの機能そのものです。分散仮想スイッチは vSphere 4.0 から導入されたので、この機能も vSphere 4.0 からになります。

なお、分散仮想スイッチ跨ぎの vMotion が実現するのは vSphere 6.0 まで待つ必要があります。

Network I/O Control – 4.1 – 2010

What’s New in vSphere 4.1

Network I/O Control (NIOC) は、限られたネットワークの帯域を vSphere 機能や定義された仮想マシンのグループによって按分する機能です。この機能は分散仮想スイッチに実装されていますので、標準仮想スイッチでは利用できません。

vMotion は仮想マシンのメモリデータをバースト転送するため、設計上 専用のネットワークケーブルを用意せざるを得ませんでした。あるいは、断腸の思いで、そして万難を排して vMotion を「えいやっ」と実行することもあったでしょう。しかし、昨今のサーバー/ラックに求める集約度が高くなり、数多くの 1 GbE のケーブルを滝のようにラック背面でケーブリングするよりも、10GbE のケーブルに仮想マシンの業務トラフィックも vMotion のトラフィックも集約したいという要望が強くなっています。

NIOC を使えば vMotion や Fault Tolerant や仮想マシンのトラフィックを、混雑時 (全てのトラフィックがバースト) には 30:30:40 に按分するといった制御が可能となり、安心して 10GbE のケーブルにトラフィックを集約することが出来ます。

とはいえ…按分できるのは物理ホストと ToR のスイッチまでなので、ネットワーク全体の QoS が実現出来るのでは !? などと、あまり夢見てはいけません。あくまで、vMotion や Virtual SAN などのバーストが見込まれる用途においてネットワークの帯域飽和時に各用途に帯域を按分するのが主な用途です。ToR スイッチより上位のスイッチに対しては、分散仮想スイッチで付与できる 809.1q の QoS タグで対応することになります。

なお、余談となりますが、Virtual SAN のライセンスには分散仮想スイッチの機能が含まれています。

VIRTUAL SAN LICENSING AND PACKAGING FOR VIRTUAL SAN 6.1

Performance Improvement (4 -> 8 concurrent) – 4.1 – 2010

What’s New in vSphere 4.1

パフォーマンスチューニングにより、これまで vMotion を同時に 4 並列にしか行えなかったところを、8 並列まで可能にしています。8 並列は 10 GbE を使っている場合であり、さらに並列数はホストあたりのカウントとなります。

  • 物理ホスト A から 物理ホスト C へ 4 並列 vMotion
  • 物理ホスト C から 物理ホスト B へ 4 並列 vMotion

物理ホスト C は、仮想マシンの移行先であり移行元となりますが、vMotion が 合計 8 並列となりますのでこれ以上 vMotion を同時に行えない状態にあります。さらに vMotion を実行したい場合は、先行の vMotion の終了を待つ必要があります。

Configuration Maximums

関連記事

  1. VMConAWS

    柔軟なキャパシティと回復

    はじめにVMware Cloud on AWS で用…

  2. powercli

    PowerCLI – オブジェクトの変換

    vSphere Web Services SDK (SDK) と vS…

  3. virtual san

    Virtual SAN – RAID-5/6

    Virtual SAN 6.2 がリリースされるまでは、データを保護す…

  4. Tong-Sai@Naka Island, Thailand

    vmware

    vExpert 2016 Award

    vExpert 2016 Award Announcement今年…

  5. vmware

    vSphere Web Client Plugin SDK dev-setup.sh で生成される …

    この記事は、過去記事 - vSphere Web Client Plu…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 30日
  2. 2015年 12月 30日
  3. 2015年 12月 30日










  1. vco

    vCO のスクリプトで vCenter の情報が取得できない
  2. console

    HTML5 Console Access from Windows PC (Un…
  3. host profiles

    Host Profiles 抽出時のエラー回避方法 / How to avoid…
  4. vsphere client

    vSphere Client (C#) 5.5 update 2 へのアップグレ…
  5. storage

    Virutal SAN – 重複排除と圧縮
PAGE TOP
Translate »