fusion

VMware Fusion に vCenter Server Appliance 6 をデプロイする

vCenter Server Appliance (VCSA) 6 を VMware Fusion や ESXi に直接 OVF デプロイすると、OVF パラメータを入力できず First Boot の諸設定が行われず、結果腐った vCenter Server ができあがります。通常 ESXi にデプロイする場合は、HTML インストーラーから ovftool を経由し各種 OVF パラメーターを含めてデプロイするので問題ありません。しかし、手元の VMware Fusion にデプロイする場合は、OVF パラメーターを設定できず残念な vCenter Server が量産されてしまいます。

VMware Fusion に VCSA をデプロイするのは、当然ながらサポート外です。

VCSA が OVF パラメーターを受け取る仕組み

VCSA は非常に多くの OVF パラメータを持っています。これは仮想アプライアンスを最初に起動したときの First Boot 処理にて、vmtoold –cmd “info-get ${parameter_name}” コマンドでゲスト OS の中で実行しているスクリプトに取り込まれます。VCSA 5.5 までは guestinfo.ovfEnv に格納された XML をパースして各種の値を取り出していたのですが、事前に定義された guestinfo.cis.** という名前のパラメーター群から値を取得できるようになっています。全てのパラメーターは 以前のエントリー を見て頂くとして、ここでは最低限必要なパラメーターを列挙します。

以下のパラメーターを VCSA の仮想アプライアンスを起動する前に、*.vmx ファイルに追加します。パスワードやネットワークセグメントは適宜変更してください。なお、vCenter Server のホスト名の DNS 逆引きができることが必須ですので、bind、unbound、dnsmasq とどれでもよいので適当に DNS サーバーを建てておく必要があります。

guestinfo.cis.deployment.node.type = "embedded"
guestinfo.cis.appliance.ssh.enabled = "true"
guestinfo.cis.appliance.root.passwd = "VMware1!"
guestinfo.cis.appliance.time.tools-sync = "true"
guestinfo.cis.vmdir.password = "VMware1!"
guestinfo.cis.vmdir.domain-name = "vsphere.local"
guestinfo.cis.appliance.net.addr.family = "ipv4"
guestinfo.cis.appliance.net.mode = "static"
guestinfo.cis.appliance.net.pnid = "vc-l-01a.corp.local"
guestinfo.cis.appliance.net.addr = "22.1.1.11"
guestinfo.cis.appliance.net.prefix = "8"
guestinfo.cis.appliance.net.dns.servers = "22.0.0.2"
guestinfo.cis.appliance.net.gateway = "22.0.0.2"

関連記事

  1. vmware

    VMware 製品のうるう秒 (2016 年 12 月 31 日 23時 59 分 60 秒) 対応…

    毎回ジラされるのですが ようやく 2016 Dec 版のうるう秒対応の…

  2. fusion

    IME 切替 on MacBook Pro + VMware Fusion + Windows Gu…

    まとめVMware Fusion のゲスト OS としてインスト…

  3. powercli

    Details of host Advanced settings

    まとめESXi ホストの詳細設定一覧を CSV で出力ホストの…

  4. host profiles

    Host Profiles 抽出時のエラー回避方法 / How to avoid an error …

    ホスト プロファイルは ESXi ホストの構成に変更がないかどうか…

  5. VMConAWS

    VMware Cloud on AWS 概要

    はじめにVMware Cloud on AWS は 2016 年に…

  6. storage

    Virutal SAN – 重複排除と圧縮

    Virutal SAN 6.2 で重複排除と圧縮がサポートされました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. vmotion

    vMotion の歴史 (4) – vCenter Server 5.0
  2. virtual san

    Virtual SAN – RAID-5/6
  3. virtual san

    Virtual SAN 6.2
  4. VMConAWS

    ベアメタル インスタンスにインストールされた vSphere ESXi
  5. vmware

    PowerPoint for Mac の無限 AutoRecovery を止める…
PAGE TOP
Translate »