software-defined storage

Virtual SAN の HCL を JSON で取得する

はじめに

VMware の Hardware Compatibility List (HCL) はかなり大量なデータとなってきています。某 EMC 社の接続ガイドには及ばないまでもそれはもうかなりの量です。また、Virtual SAN では、SCSI Controller、NVMe デバイス、SSD、HDD といった各コンポーネントの認証もあり、さらに HCL を複雑にしています。

実際には、各コンポーネントを組み合わせて構成すると「世界に一つだけの、貴方だけのための VSAN」ができあがってしまうため、Virtual SAN Ready Node の構成を選択するのをお勧めします。

実はこの HCL、JSON で取得することができます。

JSON の URL

Virtual SAN Health Check Plugin という Virtual SAN の構成や状況のヘルスチェックを行えるツールが vSphere/vCenter 6.0U1 から標準装備となっています。このツールには Virtual SAN を構成する ESXi ホストのハードウェアが HCL に準拠しているかどうかを確認する機能があります。そのツールの機能の一つに HCL に準拠しているかどうかを確認するために、VMware のサイトから最新の HCL のリストをダウンロードして ESXi ホストと比較する機能があります。つまり、HCL は VMware のサイトからダウンロード出来るわけです。

http://partnerweb.vmware.com/service/vsan/all.json

この URL は Virtual SAN Health Check Plugin Guide に記載があります。

コマンド例

実際に JSON をダウンロードして加工するコマンドを実行してみます。

% curl http://partnerweb.vmware.com/service/vsan/all.json | python -m json.tool > all.json
% cat all.json | jq '.data.ssd[] | select(.vendor == "SanDisk")'

python -m json.tool で整形しています。その後 jq コマンドで SanDisk 製のフラッシュデバイスのリストを抜き取っています。

閑話休題

Virtual SAN 以外の HCL の JSON はないのか?と思うかも知れません。まだ公になっていませんが、URL を色々変更して ゲヘゲヘ してくださいませ。

関連記事

  1. vmware

    PowerPoint for Mac の無限 AutoRecovery を止める

    まとめPowerPoint for Mac (16.17 (…

  2. powercli

    Details of host Advanced settings

    まとめESXi ホストの詳細設定一覧を CSV で出力ホストの…

  3. Marina Bay Sands@Singapore

    fusion

    VMware Fusion 8 でネットワークを追加する

    はじめに2015/11/16 に VMware Photon Co…

  4. storage

    Virutal SAN – 重複排除と圧縮

    Virutal SAN 6.2 で重複排除と圧縮がサポートされました。…

  5. VMConAWS

    ワークロードの容易な移動

    はじめにVMware Cloud on AWS では…

  6. nested esxi

    vSphere Home Lab 向けの CentOS 7.x NFS Server

    まとめ検証環境であることから、性能を少しでも稼ぐのとズボラな設定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. investigation

    Linkedin を使って新興企業の製品の素性を探る
  2. nicolas vibert

    アプリケーションの移行
  3. blogger

    Memorandum: Fix ADSOSIVE blogger templat…
  4. console

    HTML5 Console Access from Windows PC (Do…
  5. nicolas vibert

    災害対策
PAGE TOP
Translate »