software-defined storage

Virtual SAN の HCL を JSON で取得する

はじめに

VMware の Hardware Compatibility List (HCL) はかなり大量なデータとなってきています。某 EMC 社の接続ガイドには及ばないまでもそれはもうかなりの量です。また、Virtual SAN では、SCSI Controller、NVMe デバイス、SSD、HDD といった各コンポーネントの認証もあり、さらに HCL を複雑にしています。

実際には、各コンポーネントを組み合わせて構成すると「世界に一つだけの、貴方だけのための VSAN」ができあがってしまうため、Virtual SAN Ready Node の構成を選択するのをお勧めします。

実はこの HCL、JSON で取得することができます。

JSON の URL

Virtual SAN Health Check Plugin という Virtual SAN の構成や状況のヘルスチェックを行えるツールが vSphere/vCenter 6.0U1 から標準装備となっています。このツールには Virtual SAN を構成する ESXi ホストのハードウェアが HCL に準拠しているかどうかを確認する機能があります。そのツールの機能の一つに HCL に準拠しているかどうかを確認するために、VMware のサイトから最新の HCL のリストをダウンロードして ESXi ホストと比較する機能があります。つまり、HCL は VMware のサイトからダウンロード出来るわけです。

http://partnerweb.vmware.com/service/vsan/all.json

この URL は Virtual SAN Health Check Plugin Guide に記載があります。

コマンド例

実際に JSON をダウンロードして加工するコマンドを実行してみます。

% curl http://partnerweb.vmware.com/service/vsan/all.json | python -m json.tool > all.json
% cat all.json | jq '.data.ssd[] | select(.vendor == "SanDisk")'

python -m json.tool で整形しています。その後 jq コマンドで SanDisk 製のフラッシュデバイスのリストを抜き取っています。

閑話休題

Virtual SAN 以外の HCL の JSON はないのか?と思うかも知れません。まだ公になっていませんが、URL を色々変更して ゲヘゲヘ してくださいませ。

関連記事

  1. nicolas vibert

    地理的な拡張

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログGe…

  2. sds

    Software-Defined Storage を考える

    Software-Defined Network (SDN) に始…

  3. vmware

    VMware から提供されるサービス

    はじめにVMware Cloud on AWS は、AWS のデー…

  4. sdk

    vSphere Web Client Plugin SDK の dev-setup.sh スクリプト…

    局部的に有用なネタかも知れませぬ。vSphere の We…

  5. netapp

    Enjoy extremely fast cloning with NetApp VAAI-NAS

    まとめVirtual Storage Console をインスト…

  6. vmware

    VMware 製品のうるう秒 (2016 年 12 月 31 日 23時 59 分 60 秒) 対応…

    毎回ジラされるのですが ようやく 2016 Dec 版のうるう秒対応の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. nicolas vibert

    HCX
  2. netapp

    Setting up VMware Virtual Volumes with N…
  3. host profiles

    Host Profiles 抽出時のエラー回避方法 / How to avoid…
  4. intellij

    IntelliJ IDEA 15.0.1 (Build-IU 143.382) …
  5. vco

    vCenter Orchestrator (1) – Intro
PAGE TOP
Translate »