virtual san

Virtual SAN 6.2

昨晩 VMware の Software Defined DataCenter (SDDC) 系ソフトウェアのアップデートのアナウンスがありました。

その中でも Virtual SAN 6.2 が最もアツイので少々紹介を。

Official Page

Blog

Virtual SAN 6.2

第 4 世代となる Virtual SAN 6.2 ですが、4 世代目なのに 6.x とはこれ如何に…という感がありますが

  1. vSphere 5.5u1 : Virtual SAN 5.5
  2. vSphere 6.0ga : Virtual SAN 6.0
  3. vSphere 6.0u1 : Virtual SAN 6.1
  4. vSphere 6.0u2 1 : Virtual SAN 6.2

ということなので、確かに 4 世代目になります。ここでようやく

  • 重複排除、圧縮
  • Erasure Coding (ネットワーク越しの RAID-5, RAID-6)
  • Quality of Service (QoS)

が実装され、新興系の会社の Software Defined Storage (SDS) が当たり前に持っていた機能が Virtual SAN にも揃いました。今後は、Usability や Serviceability や Robustness のより一層の充実が期待されるところです。なお、Virtual SAN はエディションが複数あるので要注意です。

  • Standard: 基本機能
  • Advanced: Standard + All Flash 構成 + 重複排除 (All Flash のみ) + 圧縮 (All Flash のみ) + Erasure Coding (All Flash のみ)
  • Enterprise: Advanced + Stretched Cluster + QoS

Virtual SAN – Compare

重複排除、圧縮、Erasure Coding が軒並み All Flash 構成のみ対象ですが、機能の組み合わせと性能を考えたときに All Flash 限定とするのも やむなしかと思います。13 TB の 2.5 inch SSD が登場している 2くらいなので、PB 級などの よほどキャパシティを必要するシステム以外は All Flash 構成に近い将来 収斂されていくのではないかと思います。単純な購入価格も差が無くなっていくのでしょうが、期待できる IOPS 性能と 3年間、5年間の電力コストを考えると、All Flash 構成でも十分 Hybrid 構成 (SSD+HDD) を超えるコスト効果が出せることが期待できます。

とはいえ SSD もまだ高いので、そう気軽に判断するのは難しいところ。しかしながら高火力の IOPS が必要な場合は All Flash 一択でしょう。

最近の Hyperconverged

ざっと見渡すと日本で購入できる Hyperconverged はこの辺でしょうか。

  • vSphere Kernel 埋め込みの VMware Virtual SAN
  • 複数の Hypervisor に対応した Nutanix
  • Windows 2016 Storage Spaces Direct で Hyperconverged Storage に足を踏み入れる Microsoft
  • Lefthand の資産を旨く活用し、従来の iSCSI ストレージ機器と近しい使い勝手を提供している HP StorVirtual

海外だと Springpath や Simplivity が入ってくるかと。

今後、SAS/SATA SSD の次の世代のフラッシュとなる 3D Xpoint/NVMe Flash、TCP/IP の先となる RDMA/RoCE などデバイスが着実に低遅延化していくことが予想されます。そのなかで、Hypervisor のカーネルに機能を埋め込のでソフトウェア スタックを極小化した Virtual SAN が最もデバイスの進化に追随しやすいと思うところです。3

参考情報

Virtual SAN 6.2 で追加された機能の一覧の情報は Duncan Epping の Blog が詳細にリストしています。


  1. 一応 Datasheet に記載があるので。 
  2. フィックスターズ、世界最大容量の13TB SSD 「Fixstars SSD-13000M」を日米同時に発売 
  3. Microsoft Storage Spaces Direct も Windows カーネル内部で動くのだとは思いますが、まだリリースしていないのでまだ様子見しています。Microsoft は RDMA に対する取り組みは早くから行っているので、侮れないところ。 

関連記事

  1. Tong-Sai@Naka Island, Thailand

    powercli

    vSphere PowerCLI のビルド番号やバージョンを確認する

    現在の PowerCLI のバージョンを確認するコマンドレット。P…

  2. vcenter

    vCenter Server 6.5 に対して IE11 で 4GB 以上の OVF/OVA をデプ…

    先日、無事 vSphere 6.5 がリリースされました。Clie…

  3. nicolas vibert

    設計における検討事項とベストプラクティス

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ Network…

  4. powercli

    VMware PowerCLI 6.5.1 のインストール

    まとめPowerShell Gallery に登録され、Inst…

  5. vmware

    VMware から提供されるサービス

    はじめにVMware Cloud on AWS は、AWS のデー…

  6. Marina Bay Sands@Singapore

    fusion

    VMware Fusion 8 でネットワークを追加する

    はじめに2015/11/16 に VMware Photon Co…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. vmware

    PowerPoint for Mac の無限 AutoRecovery を止める…
  2. 4k

    [Broken??] Mac Mini Late 2012 & 4K …
  3. Tong-Sai@Naka Island, Thailand

    vmware

    vExpert 2016 Award
  4. devbox

    Insight into VMware Photon Controller – …
  5. blogger

    Memorandum: Fix ADSOSIVE blogger templat…
PAGE TOP
Translate »