vmware

vSphere Web Client Plugin SDK dev-setup.sh で生成される ds.properties の修正

この記事は、過去記事 – vSphere Web Client Plugin SDK の dev-setup.sh スクリプトの改行コード の続編となります。

どれだけ のんびり しているのだと…。結局 ネタは間に合わず…

dev-setup.sh で生成される ds.properties は、いくつか足りないプロパティがあります。具体的には以下の 3 つのパラメーターがありません。

  • solutionUser.keyStorePath
  • solutionUser.keyStorePassword
  • lookupService
solutionUser.keyStorePath=C:/ProgramData/VMware/vSphere Web Client/store.jks
[email protected]
lookupService=https://192.168.110.11/lookupservice/sdk

開発向けの vSphere Web Client Server は solutionUser.keyStorePath で指定したパス、または C:/ProgramData/VMware/vSphere Web Client/ssl/store.jks から、キーストアを読み込むようです。が、コメントアウトすると solutionUser.keyStorePath がない!とエラーが発生するので、一応キーストアが存在するパスを指定しておきます。

vSphere/vCenter Server 6.0.0 Update 2 で確認

関連記事

  1. VMConAWS

    VMware Cloud on AWS – SDDC Version 1.4

    What's new in SDDC 1.4AWS Summit …

  2. nicolas vibert

    インターネット アクセスと設計の Deep Dive

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ Interne…

  3. vmotion

    vMotion の歴史 (3) – vCenter Server 4.0 ~ 4.1

    前回のエントリでは VirtualCenter 1.0 ~ 2.5 ま…

  4. devbox

    Insight into VMware Photon Controller – devb…

    はじめにこのエントリでは、最新の Photon Controlle…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. dns

    PowerShell で DNS 操作
  2. vmotion

    vMotion の歴史 (5) – vCenter Server 5…
  3. network

    Memorandum: List of virtual appliances
  4. powercli

    Onyx for the Web Client
  5. angularjs

    Pro AngularJS の Getting Ready の node スクリ…
PAGE TOP
Translate »