vmware

VMware 製品のうるう秒 (2016 年 12 月 31 日 23時 59 分 60 秒) 対応の KB

毎回ジラされるのですが ようやく 2016 Dec 版のうるう秒対応の KB が VMware からリリースされました。

なんだかんだで 5 ヶ月近く掛かった…Orz。仕事してないわけではないのです。

小ネタ

この辺、会社の規模の割に製品が多く、その悉くが様々なディストリビューション (SuSE、CentOS、Ubuntu、Bluelane、Debian、etc) の仮想アプライアンスで構成されているため、確認に時間が掛りすぎているところも否めません。vCenter Server Appliance 6.5 からは、ベースとなる Linux ディストリビューションが VMware 謹製の Photon OS になりました。これが他の製品にも伝播すれば OpenSSL、このうるう秒、さらには緊急の脆弱性対応の対応も円滑に進められるのではないかと期待したいところです。

関連記事

  1. VMConAWS

    柔軟なキャパシティと回復

    はじめにVMware Cloud on AWS で用…

  2. virtual san

    Virutal SAN – 重複排除と圧縮と OSR ルール

    前回のエントリー で Virtual SAN の重複排除と圧縮の機能を…

  3. powercli

    PowerShell スクリプト コマンドレットのパラメータに補完機能を

    まとめスクリプト コマンドレット パラメーターの補完は極めて便利…

  4. nicolas vibert

    インフラの孤島として

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ&nbs…

  5. netapp

    Increasing capacity of NetApp Clustered Data ONTAP…

    まとめNetApp のパートナー、あるいや、Data ONTAP…

  6. console

    WebMKS コンソールを等倍にさせる

    まとめWebMKS のスケーリングがうっとうしいスケーリングさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. devbox

    Insight into VMware Photon Controller – …
  2. vco

    備忘録: wait a vim task in vCO script
  3. VMConAWS

    柔軟なキャパシティと回復
  4. powercli

    VMware PowerCLI 6.5.1 のインストール
  5. vmware

    PowerPoint for Mac の無限 AutoRecovery を止める…
PAGE TOP
Translate »