vmware

VMware 製品のうるう秒 (2016 年 12 月 31 日 23時 59 分 60 秒) 対応の KB

毎回ジラされるのですが ようやく 2016 Dec 版のうるう秒対応の KB が VMware からリリースされました。

なんだかんだで 5 ヶ月近く掛かった…Orz。仕事してないわけではないのです。

小ネタ

この辺、会社の規模の割に製品が多く、その悉くが様々なディストリビューション (SuSE、CentOS、Ubuntu、Bluelane、Debian、etc) の仮想アプライアンスで構成されているため、確認に時間が掛りすぎているところも否めません。vCenter Server Appliance 6.5 からは、ベースとなる Linux ディストリビューションが VMware 謹製の Photon OS になりました。これが他の製品にも伝播すれば OpenSSL、このうるう秒、さらには緊急の脆弱性対応の対応も円滑に進められるのではないかと期待したいところです。

関連記事

  1. VMConAWS

    柔軟なキャパシティと回復

    はじめにVMware Cloud on AWS で用…

  2. Marina Bay Sands@Singapore

    fusion

    VMware Fusion 8 でネットワークを追加する

    はじめに2015/11/16 に VMware Photon Co…

  3. vmware

    PowerPoint for Mac の無限 AutoRecovery を止める

    まとめPowerPoint for Mac (16.17 (…

  4. fusion

    IME 切替 on MacBook Pro + VMware Fusion + Windows Gu…

    まとめVMware Fusion のゲスト OS としてインスト…

  5. storage

    ESXi における 512e ディスク フォーマットの認識方法

    ESXi でのディスク フォーマットの確認方法ESXi で物理ブロ…

  6. VMConAWS

    VMware Cloud on AWS – SDDC Version 1.4

    What's new in SDDC 1.4AWS Summit …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. netapp

    Setting up VMware Virtual Volumes with N…
  2. console

    vSphere Web Client の Console で Ctrl-C や …
  3. vsphere

    備忘録: 真なるクローニングに向けて
  4. powercli

    PowerShell スクリプト コマンドレットのパラメータに補完機能を
  5. vmware

    vSphere Web Client Plugin SDK dev-setup.…
PAGE TOP
Translate »