vmware

VMware 製品のうるう秒 (2016 年 12 月 31 日 23時 59 分 60 秒) 対応の KB

毎回ジラされるのですが ようやく 2016 Dec 版のうるう秒対応の KB が VMware からリリースされました。

なんだかんだで 5 ヶ月近く掛かった…Orz。仕事してないわけではないのです。

小ネタ

この辺、会社の規模の割に製品が多く、その悉くが様々なディストリビューション (SuSE、CentOS、Ubuntu、Bluelane、Debian、etc) の仮想アプライアンスで構成されているため、確認に時間が掛りすぎているところも否めません。vCenter Server Appliance 6.5 からは、ベースとなる Linux ディストリビューションが VMware 謹製の Photon OS になりました。これが他の製品にも伝播すれば OpenSSL、このうるう秒、さらには緊急の脆弱性対応の対応も円滑に進められるのではないかと期待したいところです。

関連記事

  1. powercli

    PowerShell スクリプト コマンドレットのパラメータに補完機能を

    まとめスクリプト コマンドレット パラメーターの補完は極めて便利…

  2. Tong-Sai@Naka Island, Thailand

    intellij

    Photon Controller のコードを Intellij IDEA で開く

    昨日 Photon Controller が公開されましたが、Java…

  3. nicolas vibert

    NAT on VMware Cloud on AWS Deep Dive

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ NAT on …

  4. netapp

    Setting up VMware Virtual Volumes with NetApp VASA…

    はじめにvSphere 6 で追加されたストレージの新機能の一つに…

  5. nicolas vibert

    データセンターの移行

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログVM…

  6. console

    WebMKS コンソールを等倍にさせる

    まとめWebMKS のスケーリングがうっとうしいスケーリングさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. nicolas vibert

    地理的な拡張
  2. powershell

    PowerShell -Split 演算子で “.” (…
  3. devbox

    Insight into VMware Photon Controller – …
  4. nicolas vibert

    インターネット アクセスと設計の Deep Dive
  5. vmotion

    vMotion の歴史 (3) – vCenter Server 4…
PAGE TOP
Translate »