vmware

VMware 製品のうるう秒 (2016 年 12 月 31 日 23時 59 分 60 秒) 対応の KB

毎回ジラされるのですが ようやく 2016 Dec 版のうるう秒対応の KB が VMware からリリースされました。

なんだかんだで 5 ヶ月近く掛かった…Orz。仕事してないわけではないのです。

小ネタ

この辺、会社の規模の割に製品が多く、その悉くが様々なディストリビューション (SuSE、CentOS、Ubuntu、Bluelane、Debian、etc) の仮想アプライアンスで構成されているため、確認に時間が掛りすぎているところも否めません。vCenter Server Appliance 6.5 からは、ベースとなる Linux ディストリビューションが VMware 謹製の Photon OS になりました。これが他の製品にも伝播すれば OpenSSL、このうるう秒、さらには緊急の脆弱性対応の対応も円滑に進められるのではないかと期待したいところです。

関連記事

  1. vmware

    PowerPoint for Mac の無限 AutoRecovery を止める

    まとめPowerPoint for Mac (16.17 (…

  2. vcenter

    vMotion の歴史 (2) – VirtualCenter 1.0 ~ 2.5

    前回のエントリでは vMotion の歴史を機能を元に振り返りました。…

  3. storage

    Virutal SAN – 重複排除と圧縮

    Virutal SAN 6.2 で重複排除と圧縮がサポートされました。…

  4. VMConAWS

    ベアメタル インスタンスにインストールされた vSphere ESXi

    はじめにVMware Cloud on AWS で用いられるハイパ…

  5. powercli

    VMware PowerCLI 6.5.1 のアンインストール

    まとめMSI パッケージではないので、アンインストールはコントロ…

  6. vmware

    NSX L2 VPN

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ NSX L2 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. vsphere

    ESXi の ポート 902 について
  2. powercli

    Details of host Advanced settings
  3. vmware

    VMware Workstation の VM をホストと同時に起動する
  4. nsx

    Registering NSX 6.1.3 to vCenter Server …
  5. investigation

    Linkedin を使って新興企業の製品の素性を探る
PAGE TOP
Translate »