vmware

VMware 製品のうるう秒 (2016 年 12 月 31 日 23時 59 分 60 秒) 対応の KB

毎回ジラされるのですが ようやく 2016 Dec 版のうるう秒対応の KB が VMware からリリースされました。

なんだかんだで 5 ヶ月近く掛かった…Orz。仕事してないわけではないのです。

小ネタ

この辺、会社の規模の割に製品が多く、その悉くが様々なディストリビューション (SuSE、CentOS、Ubuntu、Bluelane、Debian、etc) の仮想アプライアンスで構成されているため、確認に時間が掛りすぎているところも否めません。vCenter Server Appliance 6.5 からは、ベースとなる Linux ディストリビューションが VMware 謹製の Photon OS になりました。これが他の製品にも伝播すれば OpenSSL、このうるう秒、さらには緊急の脆弱性対応の対応も円滑に進められるのではないかと期待したいところです。

関連記事

  1. vmware

    バーストキャパシティ

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ VMC for…

  2. nicolas vibert

    AWS Direct Connect – Deep Dive と VMware Cloud on A…

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ AWS Dir…

  3. fusion

    IME 切替 on MacBook Pro + VMware Fusion + Windows Gu…

    まとめVMware Fusion のゲスト OS としてインスト…

  4. vcenter

    vMotion の歴史 (2) – VirtualCenter 1.0 ~ 2.5

    前回のエントリでは vMotion の歴史を機能を元に振り返りました。…

  5. virtual san

    Virtual SAN 6.2

    昨晩 VMware の Software Defined DataCe…

  6. Tong-Sai@Naka Island, Thailand

    powercli

    vSphere PowerCLI のビルド番号やバージョンを確認する

    現在の PowerCLI のバージョンを確認するコマンドレット。P…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. nicolas vibert

    データセンターの移行
  2. nicolas vibert

    災害対策
  3. VMConAWS

    VMware Cloud on AWS – SDDC Version…
  4. VMConAWS

    ワークロードの容易な移動
  5. storage

    ESXi における 512e ディスク フォーマットの認識方法
PAGE TOP
Translate »