powercli

オフラインで VMware PowerCLI 6.5.1 をインストールする

まとめ

  • オフライン環境でも VMware PowerCLI 6.5.1 のインストールは可能
  • インターネットに接続できる環境で Save-Module コマンドレットでモジュールファイルをダウンロード
  • ダウンロードしたフォルダ群を PowerShell のモジュール フォルダにコピー

はじめに

VMware PowerCLI 6.5.1 のインストールは、これまでの MSI パッケージによるインストールから PowerShell Gallery からのモジュール インストールに変更になっています。つまり、インストール対象のマシンは PowerShell Gallery に接続しなければなりません。業務システムではインターネットに接続できないケースはよくあるので、この制約は乗り越える必要があります。

マニアな人は PowerShell のリポジトリを自力で立ち上げて下さいませ。

オフラインでの VMware PowerCLI 6.5.1 のインストール

Install-Module コマンドレットでローカル フォルダをリポジトリにするオプションがあるのかと思いきや、残念ながら見当たりません。Microsoft Developer Network の Installing a PowerShell Module の記事を参考に、PowerShell Gallery からダウンロードしたモジュールを、インストール対象マシンにコピーすることで、オフラインでの VMware PowerCLI 6.5.1 のインストールを実現します。

PowerShell Gallery からのモジュールダウンロード

Save-Module コマンドレットで任意のフォルダに、関連するモジュール全てをダウンロードすることができます。これは作業用の PC などで行います。

PS C:\Temp> Save-Module -Name VMware.PowerCLI -Path C:\Temp
PS C:\Temp> dir


    ディレクトリ: C:\Temp


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
d-----       2017/06/14     19:49                VMware.DeployAutomation
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.ImageBuilder
d-----       2017/06/14     19:49                VMware.PowerCLI
d-----       2017/06/14     19:47                VMware.VimAutomation.Cis.Core
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.Cloud
d-----       2017/06/14     19:45                VMware.VimAutomation.Common
d-----       2017/06/14     19:47                VMware.VimAutomation.Core
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.HA
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.HorizonView
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.License
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.PCloud
d-----       2017/06/14     19:45                VMware.VimAutomation.Sdk
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.Srm
d-----       2017/06/14     19:49                VMware.VimAutomation.Storage
d-----       2017/06/14     19:49                VMware.VimAutomation.StorageUtility
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.Vds
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.vROps
d-----       2017/06/14     19:49                VMware.VumAutomation


PS C:\Temp>

インストール対象マシンへのモジュール ファイルのコピー

PowerShell のモジュール フォルダは、変数 $Env:PSModulePath にカンマ刻みで設定されています。

PS C:\Temp> $Env:PSModulePath
C:\Users\Administrator\Documents\WindowsPowerShell\Modules;C:\Program Files\WindowsPowerShell\Modules;C:\Windows\system32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules

それぞれ以下のような使い分けとなり、C:¥Windows フォルダ配下のモジュール フォルダは利用することは出来ません。

  • C:\Users\${USERNAME}\Documents\WindowsPowerShell\Modules (ユーザー固有のモジュール)
  • C:\Program Files\WindowsPowerShell\Modules (システムワイドのモジュール)
  • C:\Windows\system32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules (Windows によって Reserved)

VMware PowerCLI 6.5 R1 (6.5.0) 以前がインストールされている場合は C:\Program Files (x86)\VMware\Infrastructure\PowerCLI\Modules が最後に追加されているかも知れません。

単純ではありますが、このコピー作業のみで VMware PowerCLI 6.5.1 のインストールは完了です。

私自身は動作確認のために利用することが多いので、C:¥Program Files¥WindowsPowerShell¥Modules 配下にモジュールをコピーしています。ズボラなので ExecutionPolicy なぞは Bypass (以下ry

PS C:\Temp> Import-Module VMware.PowerCLI
Import-Module : モジュール ディレクトリに有効なモジュール ファイルが見つからなかったため、指定されたモジュール 'VMware.PowerCLI' は読み込まれませんでした。
発生場所 行:1 文字:1
+ import-module VMware.PowerCLI
+ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : ResourceUnavailable: (VMware.PowerCLI:String) [Import-Module], FileNotFoundException
    + FullyQualifiedErrorId : Modules_ModuleNotFound,Microsoft.PowerShell.Commands.ImportModuleCommand
...snip...
ここでモジュールファイルをコピーする
...snip...
PS C:\Temp> Import-Module VMware.PowerCLI
          Welcome to VMware PowerCLI!

Log in to a vCenter Server or ESX host:              Connect-VIServer
To find out what commands are available, type:       Get-VICommand
To show searchable help for all PowerCLI commands:   Get-PowerCLIHelp
Once you've connected, display all virtual machines: Get-VM
If you need more help, visit the PowerCLI community: Get-PowerCLICommunity

       Copyright (C) VMware, Inc. All rights reserved.


PS C:\Temp> 

関連記事

  1. console

    Remote Console でマウスが吹っ飛ぶ件の対策

    まとめ仮想マシンに Windows/Linux をインストールす…

  2. powercli

    PowerCLI – オブジェクトの変換

    vSphere Web Services SDK (SDK) と vS…

  3. vcenter

    vMotion の歴史 (2) – VirtualCenter 1.0 ~ 2.5

    前回のエントリでは vMotion の歴史を機能を元に振り返りました。…

  4. netapp

    Increasing capacity of NetApp Clustered Data ONTAP…

    まとめNetApp のパートナー、あるいや、Data ONTAP…

  5. VMConAWS

    ワークロードの容易な移動

    はじめにVMware Cloud on AWS では…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. powershell

    PowerCLI – ダブルクォート内での配列型の変数の展開
  2. nested esxi

    vSphere Home Lab 向けの CentOS 7.x NFS Serv…
  3. isilon

    VMware Tools on Isilon Virtual Nodes (un…
  4. quadstor

    QUADstor Installation & Configuratio…
  5. vco

    [Fixed] Unable to serialize object of cl…
PAGE TOP
Translate »