powercli

オフラインで VMware PowerCLI 6.5.1 をインストールする

まとめ

  • オフライン環境でも VMware PowerCLI 6.5.1 のインストールは可能
  • インターネットに接続できる環境で Save-Module コマンドレットでモジュールファイルをダウンロード
  • ダウンロードしたフォルダ群を PowerShell のモジュール フォルダにコピー

はじめに

VMware PowerCLI 6.5.1 のインストールは、これまでの MSI パッケージによるインストールから PowerShell Gallery からのモジュール インストールに変更になっています。つまり、インストール対象のマシンは PowerShell Gallery に接続しなければなりません。業務システムではインターネットに接続できないケースはよくあるので、この制約は乗り越える必要があります。

マニアな人は PowerShell のリポジトリを自力で立ち上げて下さいませ。

オフラインでの VMware PowerCLI 6.5.1 のインストール

Install-Module コマンドレットでローカル フォルダをリポジトリにするオプションがあるのかと思いきや、残念ながら見当たりません。Microsoft Developer Network の Installing a PowerShell Module の記事を参考に、PowerShell Gallery からダウンロードしたモジュールを、インストール対象マシンにコピーすることで、オフラインでの VMware PowerCLI 6.5.1 のインストールを実現します。

PowerShell Gallery からのモジュールダウンロード

Save-Module コマンドレットで任意のフォルダに、関連するモジュール全てをダウンロードすることができます。これは作業用の PC などで行います。

PS C:\Temp> Save-Module -Name VMware.PowerCLI -Path C:\Temp
PS C:\Temp> dir


    ディレクトリ: C:\Temp


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
d-----       2017/06/14     19:49                VMware.DeployAutomation
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.ImageBuilder
d-----       2017/06/14     19:49                VMware.PowerCLI
d-----       2017/06/14     19:47                VMware.VimAutomation.Cis.Core
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.Cloud
d-----       2017/06/14     19:45                VMware.VimAutomation.Common
d-----       2017/06/14     19:47                VMware.VimAutomation.Core
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.HA
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.HorizonView
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.License
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.PCloud
d-----       2017/06/14     19:45                VMware.VimAutomation.Sdk
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.Srm
d-----       2017/06/14     19:49                VMware.VimAutomation.Storage
d-----       2017/06/14     19:49                VMware.VimAutomation.StorageUtility
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.Vds
d-----       2017/06/14     19:48                VMware.VimAutomation.vROps
d-----       2017/06/14     19:49                VMware.VumAutomation


PS C:\Temp>

インストール対象マシンへのモジュール ファイルのコピー

PowerShell のモジュール フォルダは、変数 $Env:PSModulePath にカンマ刻みで設定されています。

PS C:\Temp> $Env:PSModulePath
C:\Users\Administrator\Documents\WindowsPowerShell\Modules;C:\Program Files\WindowsPowerShell\Modules;C:\Windows\system32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules

それぞれ以下のような使い分けとなり、C:¥Windows フォルダ配下のモジュール フォルダは利用することは出来ません。

  • C:\Users\${USERNAME}\Documents\WindowsPowerShell\Modules (ユーザー固有のモジュール)
  • C:\Program Files\WindowsPowerShell\Modules (システムワイドのモジュール)
  • C:\Windows\system32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules (Windows によって Reserved)

VMware PowerCLI 6.5 R1 (6.5.0) 以前がインストールされている場合は C:\Program Files (x86)\VMware\Infrastructure\PowerCLI\Modules が最後に追加されているかも知れません。

単純ではありますが、このコピー作業のみで VMware PowerCLI 6.5.1 のインストールは完了です。

私自身は動作確認のために利用することが多いので、C:¥Program Files¥WindowsPowerShell¥Modules 配下にモジュールをコピーしています。ズボラなので ExecutionPolicy なぞは Bypass (以下ry

PS C:\Temp> Import-Module VMware.PowerCLI
Import-Module : モジュール ディレクトリに有効なモジュール ファイルが見つからなかったため、指定されたモジュール 'VMware.PowerCLI' は読み込まれませんでした。
発生場所 行:1 文字:1
+ import-module VMware.PowerCLI
+ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : ResourceUnavailable: (VMware.PowerCLI:String) [Import-Module], FileNotFoundException
    + FullyQualifiedErrorId : Modules_ModuleNotFound,Microsoft.PowerShell.Commands.ImportModuleCommand
...snip...
ここでモジュールファイルをコピーする
...snip...
PS C:\Temp> Import-Module VMware.PowerCLI
          Welcome to VMware PowerCLI!

Log in to a vCenter Server or ESX host:              Connect-VIServer
To find out what commands are available, type:       Get-VICommand
To show searchable help for all PowerCLI commands:   Get-PowerCLIHelp
Once you've connected, display all virtual machines: Get-VM
If you need more help, visit the PowerCLI community: Get-PowerCLICommunity

       Copyright (C) VMware, Inc. All rights reserved.


PS C:\Temp> 

関連記事

  1. powercli

    PowerCLI – オブジェクトの変換

    vSphere Web Services SDK (SDK) と vS…

  2. vcenter

    vCenter Server 6.5 に対して IE11 で 4GB 以上の OVF/OVA をデプ…

    先日、無事 vSphere 6.5 がリリースされました。Clie…

  3. host client

    ESXi と Host Client のバージョンの組み合わせ

    vSphere 6.5 から遂に vSphere Client (C#…

  4. vmware

    PowerPoint for Mac の無限 AutoRecovery を止める

    まとめPowerPoint for Mac (16.17 (…

  5. network

    VMC on AWS のネットワーク – 内部ネットワーク

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ Network…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. vmware

    VMware Workstation の VM をホストと同時に起動する
  2. quadstor

    iptables configuration for QUADStor
  3. powershell

    PowerShell -Split 演算子で “.” (…
  4. powercli

    PowerShell スクリプト コマンドレットのパラメータに補完機能を
  5. key binding

    KeyRemap4MacBook で IntelliJ と Sublime Te…
PAGE TOP
Translate »