powercli

VMware PowerCLI 6.5.1 のアンインストール

まとめ

  • MSI パッケージではないので、アンインストールはコントロールパネルから行えない
  • Uninstall-Module でアンインストール
  • アンインストール対象のモジュールは RequiredModules プロパティを使って依存関係のあるモジュールを列挙
  • 大雑把に対応するならばモジュールフォルダ内の当該フォルダを単純に削除

はじめに

VMware PowerCLI 6.5.1 から MSI インストーラーパッケージではなくなってしまったので、従来のようにコントロールパネルのプログラムのアンインストールから PowerCLI を削除することができません。インストール時のお作法に則って、アンインストールも同様のお作法に従います。

依存関係がインストール向け…Orz

Install-Module -Name VMware.PowerCLI で、関連モジュールが全てインストールされることから分かるように、VMware.PowerCLI がその他のモジュールを Require しています。VMware.PowerCLI.psd1 の中身を見るとよく分かります。

...snip...
# Modules that must be imported into the global environment prior to importing this module
RequiredModules = @(
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.Sdk";"ModuleVersion"="1.0.0.5334677"}
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.Common";"ModuleVersion"="6.5.1.5335010"}
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.Core";"ModuleVersion"="6.5.1.5374329"}
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.Srm";"ModuleVersion"="6.5.1.5374694"}
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.License";"ModuleVersion"="6.5.1.5375648"}
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.Vds";"ModuleVersion"="6.5.1.5374428"}
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.vROps";"ModuleVersion"="6.5.1.5375723"}
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.Cis.Core";"ModuleVersion"="6.5.1.5374323"}
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.HA";"ModuleVersion"="6.0.0.5314477"}
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.HorizonView";"ModuleVersion"="7.1.0.5307191"}
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.PCloud";"ModuleVersion"="6.5.1.5376282"}
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.Cloud";"ModuleVersion"="6.5.1.5375799"}
@{"ModuleName"="VMware.DeployAutomation";"ModuleVersion"="6.5.1.5299608"}
@{"ModuleName"="VMware.ImageBuilder";"ModuleVersion"="6.5.1.5299608"}
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.Storage";"ModuleVersion"="6.5.1.5374001"}
@{"ModuleName"="VMware.VimAutomation.StorageUtility";"ModuleVersion"="1.0"}
@{"ModuleName"="VMware.VumAutomation";"ModuleVersion"="6.5.1.5301639"}
)
...snip...

ということで、アンインストール時にはモジュールの依存関係に頼れません。Uninstall-Module -Name VMware.PowerCLI としても VMware.PowerCLI モジュールが消えるだけで、その他の VMware.* モジュールは残ったままとなります。逆依存を遡る都合の良いオプションはないため、スクリプトで対応します。具体的には以下のコマンドレットを実行します。

PS C:\Temp> (Get-Module VMware.PowerCLI -ListAvailable).RequiredModules | Uninstall-Module -Force
PS C:\Temp> Get-Module VMware.PowerCLI -ListAvailable | Uninstall-Module -Force

もっともこの辺のことはマニュアルに記載してあるので API Reference ばかり見ていないで User Guide もよく読みましょう。>> 自分

Uninstall PowerCLI

もっとズボラに

モジュールのアンインストールはもっと簡単に行えます。PowerShell のモジュール フォルダから、VMware.* フォルダを全て削除してしまうのです。最もオペミスで遅効性の大惨事を招きかねないので、コマンドでしっかり管理したほうがよいでしょう。

関連記事

  1. vmotion

    vMotion の歴史 (6) – vCenter Server 6.0 – Technology …

    前回のエントリでは vCenter Server 5.5 までの vM…

  2. powercli

    オフラインで VMware PowerCLI 6.5.1 をインストールする

    まとめオフライン環境でも VMware PowerCLI 6.5…

  3. netapp

    Enjoy extremely fast cloning with NetApp VAAI-NAS

    まとめVirtual Storage Console をインスト…

  4. VMConAWS

    柔軟なキャパシティと回復

    はじめにVMware Cloud on AWS で用…

  5. nicolas vibert

    NAT on VMware Cloud on AWS Deep Dive

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ NAT on …

  6. vmware

    バーストキャパシティ

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ VMC for…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. VMConAWS

    VMware Cloud on AWS 概要
  2. virtual san

    Virtual SAN 6.2
  3. fusion

    IME 切替 on MacBook Pro + VMware Fusion + …
  4. Tong-Sai@Naka Island, Thailand

    powercli

    vSphere PowerCLI のビルド番号やバージョンを確認する
  5. GCP

    gcloud コマンドで Project の一覧を表示
PAGE TOP
Translate »