storage

ESXi における 512e ディスク フォーマットの認識方法

ESXi でのディスク フォーマットの確認方法

ESXi で物理ブロックサイズ、論理ブロックサイズを確認するコマンドは、esxcli storage core device capacity list となります。

[[email protected]:~] esxcli storage core device capacity list
Device                                                                    Physical Blocksize  Logical Blocksize  Logical Block Count        Size  Format Type
------------------------------------------------------------------------  ------------------  -----------------  -------------------  ----------  -----------
t10.ATA_____VMware_Virtual_SATA_Hard_Drive__________00000000000000000001                4096                512            268435456  131072 MiB  512e
mpx.vmhba64:C0:T0:L0                                                                     512                512                    0       0 MiB  512n
[[email protected]:~]

仮想ディスクなのは不問ということで。

小ネタ

M.2 SATA などで 512e デバイスをブートデバイスとして繋ぐときには ESXi 6.5U1 以降で是非。性能改善、TRIM/UNMAP 変換だけでなく READ CAPACITY (16) の変換について AHCI ドライバに修正が入っています。AHCI で 512e HDD を接続しているケースはエンタープライズ ユースでは殆ど無いと思いますが、ESXi 6.5U1 より前のリリースで該当する場合にはローカルデータストアが VMFS 5 になっているのでサポートに相談を。

関連記事

  1. vmotion

    vMotion の歴史 (4) – vCenter Server 5.0

    前回のエントリでは vCenter Server 4.0 ~ 4.1 …

  2. netapp

    Enjoy extremely fast cloning with NetApp VAAI-NAS

    まとめVirtual Storage Console をインスト…

  3. vcenter

    vCenter Server 6.5 に対して IE11 で 4GB 以上の OVF/OVA をデプ…

    先日、無事 vSphere 6.5 がリリースされました。Clie…

  4. VMConAWS

    柔軟なキャパシティと回復

    はじめにVMware Cloud on AWS で用…

  5. devbox

    Insight into VMware Photon Controller – devbox 03 …

    はじめに Insight of ~ ではなく Insight …

  6. powercli

    オフラインで VMware PowerCLI 6.5.1 をインストールする

    まとめオフライン環境でも VMware PowerCLI 6.5…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. console

    vSphere Web Client の Console で Ctrl-C や …
  2. vmotion

    vMotion の歴史 (4) – vCenter Server 5.0
  3. network

    Memorandum: List of virtual appliances
  4. vmotion

    vMotion の歴史 (6) – vCenter Server 6.0 – T…
  5. nicolas vibert

    設計における検討事項とベストプラクティス
PAGE TOP
Translate »