storage

ESXi における 512e ディスク フォーマットの認識方法

ESXi でのディスク フォーマットの確認方法

ESXi で物理ブロックサイズ、論理ブロックサイズを確認するコマンドは、esxcli storage core device capacity list となります。

[[email protected]:~] esxcli storage core device capacity list
Device                                                                    Physical Blocksize  Logical Blocksize  Logical Block Count        Size  Format Type
------------------------------------------------------------------------  ------------------  -----------------  -------------------  ----------  -----------
t10.ATA_____VMware_Virtual_SATA_Hard_Drive__________00000000000000000001                4096                512            268435456  131072 MiB  512e
mpx.vmhba64:C0:T0:L0                                                                     512                512                    0       0 MiB  512n
[[email protected]:~]

仮想ディスクなのは不問ということで。

小ネタ

M.2 SATA などで 512e デバイスをブートデバイスとして繋ぐときには ESXi 6.5U1 以降で是非。性能改善、TRIM/UNMAP 変換だけでなく READ CAPACITY (16) の変換について AHCI ドライバに修正が入っています。AHCI で 512e HDD を接続しているケースはエンタープライズ ユースでは殆ど無いと思いますが、ESXi 6.5U1 より前のリリースで該当する場合にはローカルデータストアが VMFS 5 になっているのでサポートに相談を。

関連記事

  1. vmware

    L1TF 情報 – VMware

    CVE numbersCVE-2018-3646 - L1 …

  2. console

    VMware Remote Console 9.0 was just released

    VMware Remote Console (VMRC) 9.0 が …

  3. network

    L3 VPN

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ L3 VPN …

  4. nicolas vibert

    AWS Direct Connect – Deep Dive と VMware Cloud on A…

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ AWS Dir…

  5. devbox

    Insight into VMware Photon Controller – devb…

    はじめに昨年の vmworld で発表になった Photon Co…

  6. host client

    ESXi と Host Client のバージョンの組み合わせ

    vSphere 6.5 から遂に vSphere Client (C#…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. intellij

    IntelliJ IDEA 15.0.1 (Build-IU 143.382) …
  2. ipmi

    Memorandum: Virtual Media Wizard not wor…
  3. VMConAWS

    柔軟なキャパシティと回復
  4. fusion

    VMware Fusion に vCenter Server Appliance…
  5. key binding

    KeyRemap4MacBook で IntelliJ と Sublime Te…
PAGE TOP
Translate »