vmware

VMware から提供されるサービス

はじめに

VMware Cloud on AWS は、AWS のデータセンターで動作しますが、販売、運用、サポートは VMware から提供されます。

VMware から販売

VMware Cloud on AWS は、AWS からではなく VMware から販売されます。AWS のマネージメント コンソールから利用するサービスではなく、VMware Cloud on AWS 専用のポータル サイトから利用するサービスになります。

現時点 (2018/07/04 現在) は、SPP/HPP といったポイント プログラムを購入し、これを VMware Cloud on AWS の契約に利用します。今現在は、手続きがすんなりとはいかないため VMware の営業担当者に連絡するのが良いでしょう。1 Node SDDC であれば、今現在においてもクレジットカードで利用することが可能です。

VMware が運用

VMware Cloud on AWS の SDDC のインフラストラクチャ ソフトウェア (vCenter/ESXi/vSAN/NSX) は VMware によって運用されます。VMware のソフトウェアのアップデート適用やパッチ適用は、ユーザーではなく VMware が行います。また、故障したサーバーの退避と代替となるサーバーの復旧といった VMware のソフトウェアより下のレイヤーについても VMware によって運用がなされます。もちろん、i3.metal インスタンスや VPC ネットワークなどの AWS コンポーネントの API よりも下のレイヤーについては、VMware の裏で通常の AWS サービスと同様に AWS により運用されます。

アップデート適用やパッチ適用については、塩漬けにしたい、ロールバックしたい、など様々な要望を伺います。が、ここはクラウドなので Move Forward Only ということで強制的に前進あるのみです。

VMware がサポート

VMware Cloud on AWS を利用する場合、ユーザーから見ると VMware がサポートの窓口となります。SDDC のインフラストラクチャ ソフトウェア (vCenter/ESXi/vSAN/NSX) だけでなく、その下の AWS EC2 ベアメタル インスタンスおよび SDDC が実行される VPC に関することも VMware が窓口となりサポートされます。実際には SDDC が動作する ベアメタル インスタンスや VPC に関する問題をユーザーが直接見つけて問い合わせることはなく、それらの問題が SDDC に波及して SDDC に関する問題として VMware に問い合わせることになるでしょう。

とはいえ、VMware に問い合わせるべきなのか、AWS に問い合わせるのか悩ましいケースも出てきます。DirectConnect や VMware Cloud ENI (Elastic Network Interface) で接続された VPC が絡んだ問題の場合です。この場合、オンプレミスのストレージで起きる問題に似たマルチベンダーの対応となりますので、状況に応じて原因に近いと推察される方のベンダー側に問い合わせるのがよいかと思われます。

この VMware Cloud on AWS で、新しい試みになるのがチャット サポートでしょう。VMware Cloud on AWS の管理コンソール UI の右下や、VMware Cloud on AWS 上の vCenter Server の HTML5 Client の画面の右下に、チャット機能が備わっています。このチャット機能を使って、簡単な問い合わせであれば迅速に回答がなされることもあります。直ぐには解決しない場合、通常通りサポート リクエストが発行され、メールベースでサポートを引き続き受けることができます。

関連記事

  1. powercli

    オフラインで VMware PowerCLI 6.5.1 をインストールする

    まとめオフライン環境でも VMware PowerCLI 6.5…

  2. Tong-Sai@Naka Island, Thailand

    vmware

    vExpert 2016 Award

    vExpert 2016 Award Announcement今年…

  3. vmotion

    vMotion の歴史 (5) – vCenter Server 5.1 –…

    前回のエントリでは vCenter Server 5.0 までの vM…

  4. host client

    ESXi と Host Client のバージョンの組み合わせ

    vSphere 6.5 から遂に vSphere Client (C#…

  5. vcenter

    vMotion の歴史 (1) – 概要

    vmworld 2015 US の中でも感慨深いセッションがあったので…

  6. console

    WebMKS コンソールを等倍にさせる

    まとめWebMKS のスケーリングがうっとうしいスケーリングさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. virtual san

    Virtual SAN – RAID-5/6
  2. vsphere client

    vSphere Client (C#) 5.5 update 2 へのアップグレ…
  3. certificates

    備忘録:自己証明書の有効期限の指定方法
  4. powershell

    PowerCLI – ダブルクォート内での配列型の変数の展開
  5. container

    Container Technology Map
PAGE TOP
Translate »