vmware

VMware Workstation の VM をホストと同時に起動する

はじめに

手元の Windows 10 で Opengrok を動かす必要が出てきたため、恒常的に利用するため VMware Workstation で Ubuntu の仮想マシンを作成したのち自動起動の設定を行います。Windows の Tomcat で Opengrok を動かすことも考えましたが、Opengrok 1.1 ではコマンドが Python スクリプト化され、そのスクリプトで import されている resource パッケージが Unix 依存という状態なので素直に仮想マシンの Ubuntu に頼ります。Windows Subsystem for Linux も考えましたが、最近バックグラウンド プロセスに対応したばかりなのと不要などハマリを割けるためオーソドックスに行きます。

共有仮想マシン

VMware Workstation では、仮想マシンを共有仮想マシンとすることで、リモート (ホストの外部) からその仮想マシンを操作することができます。仮想マシンをホストの起動と同時に自動起動させたい場合は、仮想マシンを共有仮想マシンにする必要があります。

手順

  1. 仮想マシンを「マイ コンピューター」にて作成
  2. Ubuntu などお好みの Linux をインストール
  3. 仮想マシンを「共有仮想マシン」へドラッグ アンド ドロップする
  4. 「共有仮想マシン」をクリック
  5. 「仮想マシンの電源操作を管理」をクリック
  6. 対象の仮想マシンの「自動起動」をチェック
  7. 「OK」をクリック

参考

VMware Workstation Pro 14 ドキュメント > VMware Workstation Pro の仕様 > リモート接続の使用と仮想マシンの共有 > 共有およびリモート ホストでの仮想マシンの電源操作の管理

関連記事

  1. fusion

    IME 切替 on MacBook Pro + VMware Fusion + Windows Gu…

    まとめVMware Fusion のゲスト OS としてインスト…

  2. storage

    ESXi における 512e ディスク フォーマットの認識方法

    ESXi でのディスク フォーマットの確認方法ESXi で物理ブロ…

  3. netapp

    NetApp Clustered DataONTAP command lines

    はじめにVirtual Volumes の挙動を Nested E…

  4. virtual san

    Virtual SAN – RAID-5/6

    Virtual SAN 6.2 がリリースされるまでは、データを保護す…

  5. VMConAWS

    VMware Cloud on AWS 概要

    はじめにVMware Cloud on AWS は 2016 年に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. ipmi

    Memorandum: Virtual Media Wizard not wor…
  2. 未分類

    Opengrok 1.1-rc37 を Ubuntu 18.04.1 へインスト…
  3. console

    HTML5 Console Access from Windows PC (Do…
  4. Marina Bay Sands@Singapore

    fusion

    VMware Fusion 8 でネットワークを追加する
  5. quadstor

    QUADstor Installation & Configuratio…
PAGE TOP
Translate »