vmware

VMware Workstation の VM をホストと同時に起動する

はじめに

手元の Windows 10 で Opengrok を動かす必要が出てきたため、恒常的に利用するため VMware Workstation で Ubuntu の仮想マシンを作成したのち自動起動の設定を行います。Windows の Tomcat で Opengrok を動かすことも考えましたが、Opengrok 1.1 ではコマンドが Python スクリプト化され、そのスクリプトで import されている resource パッケージが Unix 依存という状態なので素直に仮想マシンの Ubuntu に頼ります。Windows Subsystem for Linux も考えましたが、最近バックグラウンド プロセスに対応したばかりなのと不要などハマリを割けるためオーソドックスに行きます。

共有仮想マシン

VMware Workstation では、仮想マシンを共有仮想マシンとすることで、リモート (ホストの外部) からその仮想マシンを操作することができます。仮想マシンをホストの起動と同時に自動起動させたい場合は、仮想マシンを共有仮想マシンにする必要があります。

手順

  1. 仮想マシンを「マイ コンピューター」にて作成
  2. Ubuntu などお好みの Linux をインストール
  3. 仮想マシンを「共有仮想マシン」へドラッグ アンド ドロップする
  4. 「共有仮想マシン」をクリック
  5. 「仮想マシンの電源操作を管理」をクリック
  6. 対象の仮想マシンの「自動起動」をチェック
  7. 「OK」をクリック

参考

VMware Workstation Pro 14 ドキュメント > VMware Workstation Pro の仕様 > リモート接続の使用と仮想マシンの共有 > 共有およびリモート ホストでの仮想マシンの電源操作の管理

関連記事

  1. devbox

    Insight into VMware Photon Controller – devbox 02 …

    はじめにPhoton Controller の Devbox をビ…

  2. powercli

    PowerShell スクリプト コマンドレットのパラメータに補完機能を

    まとめスクリプト コマンドレット パラメーターの補完は極めて便利…

  3. vcenter

    vMotion の歴史 (1) – 概要

    vmworld 2015 US の中でも感慨深いセッションがあったので…

  4. console

    Remote Console でマウスが吹っ飛ぶ件の対策

    まとめ仮想マシンに Windows/Linux をインストールす…

  5. software-defined storage

    Virtual SAN の HCL を JSON で取得する

    はじめにVMware の Hardware Compatibili…

  6. powercli

    VMware PowerCLI 6.5.1 のアンインストール

    まとめMSI パッケージではないので、アンインストールはコントロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. vsphere

    ESXi の ポート 902 について
  2. powercli

    VMware PowerCLI 6.5.1 のアンインストール
  3. vmware

    VMware から提供されるサービス
  4. Yufuin-no-mori Traing

    vco

    Updating Host advanced settings with upd…
  5. vmware

    VMware Workstation の VM をホストと同時に起動する
PAGE TOP
Translate »