vmware

VMware Workstation の VM をホストと同時に起動する

はじめに

手元の Windows 10 で Opengrok を動かす必要が出てきたため、恒常的に利用するため VMware Workstation で Ubuntu の仮想マシンを作成したのち自動起動の設定を行います。Windows の Tomcat で Opengrok を動かすことも考えましたが、Opengrok 1.1 ではコマンドが Python スクリプト化され、そのスクリプトで import されている resource パッケージが Unix 依存という状態なので素直に仮想マシンの Ubuntu に頼ります。Windows Subsystem for Linux も考えましたが、最近バックグラウンド プロセスに対応したばかりなのと不要などハマリを割けるためオーソドックスに行きます。

共有仮想マシン

VMware Workstation では、仮想マシンを共有仮想マシンとすることで、リモート (ホストの外部) からその仮想マシンを操作することができます。仮想マシンをホストの起動と同時に自動起動させたい場合は、仮想マシンを共有仮想マシンにする必要があります。

手順

  1. 仮想マシンを「マイ コンピューター」にて作成
  2. Ubuntu などお好みの Linux をインストール
  3. 仮想マシンを「共有仮想マシン」へドラッグ アンド ドロップする
  4. 「共有仮想マシン」をクリック
  5. 「仮想マシンの電源操作を管理」をクリック
  6. 対象の仮想マシンの「自動起動」をチェック
  7. 「OK」をクリック

参考

VMware Workstation Pro 14 ドキュメント > VMware Workstation Pro の仕様 > リモート接続の使用と仮想マシンの共有 > 共有およびリモート ホストでの仮想マシンの電源操作の管理

関連記事

  1. vmotion

    vMotion の歴史 (5) – vCenter Server 5.1 –…

    前回のエントリでは vCenter Server 5.0 までの vM…

  2. vmware

    バーストキャパシティ

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ VMC for…

  3. devbox

    Insight into VMware Photon Controller – devbox 03 …

    はじめに Insight of ~ ではなく Insight …

  4. fusion

    IME 切替 on MacBook Pro + VMware Fusion + Windows Gu…

    まとめVMware Fusion のゲスト OS としてインスト…

  5. nicolas vibert

    Elastic Network Interface を介したネイティブ AWS との接続

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ Connect…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. 未分類

    KDDI による Soracom 子会社化に思うこと
  2. nicolas vibert

    インフラの孤島として
  3. Tong-Sai@Naka Island, Thailand

    install

    vCenter Orchestrator (2) – Install…
  4. virtual san

    Virtual SAN 6.2
  5. vrealize

    Gugent’s certificate for Linux in …
PAGE TOP
Translate »