vmware

PowerPoint for Mac の無限 AutoRecovery を止める

まとめ

  • PowerPoint for Mac (16.17 (180909)) にて起動の度に AutoRecovery ファイルが開いてしまい煩わしい
  • PowerPoint は /Users/${username}/Library/Containers/com.microsoft.Powerpoint/Data/Library/Preferences/AutoRecovery 配下にあるファイルを起動時に開いてしまう。
  • 上記フォルダ配下のファイルを削除すれば、以後 起動時に AutoRecovery でファイルを開かなくなる
  • 上記フォルダはデフォルトでは 10 分おきにファイルが作成される (らしい)

症状

Mac の電池切れや、PowerPoint の強制終了を幾度か行ったところ、いつの頃からか、PowerPoint を起動する度に AutoRecovery ファイルを開くようになってしまいました。さらに厄介なことに AutoRecovery されたファイルを別の場所に保存しても、この AutoRecovery が止まりませんでした。

AutoRecovery File?

Recovery files in Office for Mac によると、Word の場合、/Users//Library/Containers/com.microsoft.Word/Data/Library/Preferences/AutoRecovery というフォルダにデフォルトで 10 分おきにファイルが保存されるらしい。PowerPoint の場合は、以下のフォルダとなります。/Users/${username}/Library/Containers/com.microsoft.Powerpoint/Data/Library/Preferences/AutoRecovery

このフォルダ配下のファイルが毎回 Recovery を試みようとするファイルだったことを確認し、PowerPoint の終了させた上でファイルを削除します。PowerPoint を起動すると、無事 AutoRecovery が発動しませんでした。

しかし…「環境設定」-「保存」-「自動回復用データを保存する」を 3 分として、ファイル編集後 10 分待っても Recovery File が現れない…。他にも条件があるのかもしれないのと、PowerPoint 職人になるわけでもなく、問題も解決してしまったので今回はここまでとします。

関連記事

  1. vmware

    VMware 製品のうるう秒 (2016 年 12 月 31 日 23時 59 分 60 秒) 対応…

    毎回ジラされるのですが ようやく 2016 Dec 版のうるう秒対応の…

  2. console

    Remote Console でマウスが吹っ飛ぶ件の対策

    まとめ仮想マシンに Windows/Linux をインストールす…

  3. network

    VMC on AWS のネットワーク – 内部ネットワーク

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ Network…

  4. storage

    Virutal SAN – 重複排除と圧縮

    Virutal SAN 6.2 で重複排除と圧縮がサポートされました。…

  5. vmware

    VMware から提供されるサービス

    はじめにVMware Cloud on AWS は、AWS のデー…

  6. nicolas vibert

    Elastic Network Interface を介したネイティブ AWS との接続

    この記事は Nicolas Vibert 氏のブログ Connect…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. angularjs

    VMwware Host Client と Chrome 57 の組み合わせでロ…
  2. vmware

    L1TF 情報 – VMware
  3. ipmi

    Memorandum: Virtual Media Wizard not wor…
  4. devbox

    Insight into VMware Photon Controller &#…
  5. 4k

    [Broken??] Mac Mini Late 2012 & 4K …
PAGE TOP
Translate »