marriott bonvoy

SPG Amex の特典宿泊予約

SPG アメリカン・エキスプレス・カードの無料宿泊特典を利用するに当たり、少々戸惑ったため備忘録として記録を残します。

SPG アメリカン・エキスプレス・カードを 2017 年 12 月に利用開始し、昨年末更新月を迎えたので、宿泊特典を利用できる権利を晴れて得ました。ところがその利用方法についてお知らせのメールや、取得方法が特に案内されているわけでもありません。以下は、サポートデスクに問い合わせて分かった内容になります。

特典宿泊に関して案内が来ない理由

昨年 8 月に Marriott Reward と Starwood Preferred Guest のポイントが統合され、今年 Marriott Bonvoy として新しく生まれ変わりました。そのシステム統合の余波として、案内のメールが送られていないそうな。しかしながら、特典宿泊については権利がしっかりと付与されています。

特典宿泊の権利の確認

Marriott Bonvoy にログインし、プロファイルを表示することで確認することができます。

上のイメージの下部分にある “Marriott BONVoY サーティフィケート (1)” が、特典宿泊の権利に相当します。() 内の数字は保有しているサーティフィケートの数ではないかと思われます。では、”Marriott BONVoY サーティフィケート (1)” をクリックして見ていきましょう。

上のイメージのように、”未使用のサーティフィケート (1)” として記録されます。サーティフィケートの内容は、SPG AX JP Free Night Up To 50K Points とあり、有効期限が 2020/02/24 と区切られています。それぞれの意味は

  • SPG AX: SPG アメリカン・エキスプレス・カード
  • JP: 日本向け
  • Free Night: 無料宿泊特典
  • Up To 50K Points: 50,000 ポイントまで

となります。無料宿泊特典ではあるのですが、どのホテルでも利用できるわけではなく、そのホテルにポイントで宿泊した際に 50,000 ポイントで収まるホテルのみが無料宿泊特典の対象となります。

以下では、無料宿泊特典の利用方法について説明します。

無料宿泊特典の利用

まず宿泊したいホテルを検索するため、Marriott BONVoY のホームページ上部の “検索&ご予約” をクリックし検索画面を表示します。

  • 目的地
  • 日程
  • 客室数&人数

を入力し、最後にポイントの使用をチェックしてホテルの検索を行います。

このとき上のイメージのように “料金がご利用いただけません” と表示されることありますがが、これは無料宿泊特典を使えないという意味ではなく、単純に満席という意味です。宿泊可能な場合には、1 泊分の宿泊に必要なポイントが表示されます。このイメージでは、フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港が 25,000 ポイントで 1 泊することができます。これがサーティフィケートの特典である 50,000 ポイントまでの制限に収まっているので、このホテルには無料宿泊することができます。

また、50,000 ポイントまでとありますが、残りの 25,000 ポイントが使えるかというとそうではなく、あくまで 1 泊のみの無料宿泊特典となります。カテゴリー 6 には 50,000 ポイントちょうどで収まるホテルが数多くあるので、これを狙うのもありではないでしょうか。

では、宿泊したいホテルを決めて、そのホテルの “料金表示” をクリックします。Marriott Bonvoy ポイントのタブであることを確認して、宿泊したい部屋の “選択” をクリックします。

ここの手順が重要となります。”ご利用されるリワードを選択してください” にて、サーティフィケートのラジオボタンが選択されており、SPG AX JP Free Night Up To 50K Points にチェックが入っていることを確認します。その他必要事項に問題が無ければ、画面右上の “今すぐ予約” をクリックすることで予約が完了します。

予約の際はキャンセルポリシーを確認してください。キャンセルポリシーに違反しない範囲であるならば、キャンセル時にサーティフィケートが返却され、他の予約に使用することができます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。










  1. virtual san

    Virutal SAN – 重複排除と圧縮と OSR ルール
  2. vmotion

    vMotion の歴史 (6) – vCenter Server 6.0 – T…
  3. powercli

    PowerCLI – オブジェクトの変換
  4. vmware

    vSphere Web Client Plugin SDK dev-setup.…
  5. nicolas vibert

    アプリケーションの移行
PAGE TOP
Translate »